かみいぬ日記

「ゼルダの伝説極限攻略」管理人かみいぬの日記。

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ ゼルダの伝説時のオカリナ バグ技裏技やり込み動画・やりこみムービー

海外の動画サイトにて配信されている、麗しきバグ技・裏技たち。64版かGC版か、などの情報は未確認。

デクの樹倒さずコキリ脱出
http://www.youtube.com/watch?v=VZ3cTcPOwZ4

ウロコなしでハイリア湖畔→ゾーラの里
http://www.youtube.com/watch?v=CMjbDIImtzw

ボムチュウで大移動
http://www.youtube.com/watch?v=mQtQwaLwIvQ

子供時代に金のウロコ(池の真ん中を泳ぎ、ZとRを押すのがコツ?)
http://www.youtube.com/watch?v=bdjElXZYADY

ゼルダに会わずデスマウンテン登山道
http://www.youtube.com/watch?v=ZNGMYrzlLfE

ミラーシールドずるい入手法
http://www.youtube.com/watch?v=PgVFLUj8Ai4

ドドンゴの洞窟超ショートカット
http://www.youtube.com/watch?v=NNSQCM52w0s

ヘビーブーツ封印水の神殿クリア
http://www.youtube.com/watch?v=gDoxXB0cgc0

嵐の歌封印・井戸の底
http://www.youtube.com/watch?v=ygRYAhLcDWs

嵐の歌封印・井戸の底(お手軽バージョン)
http://www.youtube.com/watch?v=PzhS1osexZE

水の神殿、2F東へショートカット
http://www.youtube.com/watch?v=rIW-ErIqA_g

魂の神殿(子供)謎解きショートカット
http://www.youtube.com/watch?v=5CqfXf6-h2g

ジャブジャブ様のお腹ショートカット
http://www.youtube.com/watch?v=iusnomRxUIU

マメとボムチュウで闇の神殿突入
http://www.youtube.com/watch?v=9WYARP_myKM

(順不同)

もっと探したい方は↓
http://www.youtube.com/profile_videos?user=YautjaElder
http://www.youtube.com/profile_videos?user=Kazooie
http://www.youtube.com/results?search=Zelda

ムダにタイトルが長いのは、YahooやらGoogleやらで裏技の動画を探している人が見つけやすくするため。

海外って、すごいよねー。
スポンサーサイト

■ 必要かな・・やり込みBBS

ゼルダのやり込みBBSを設置検討中です。

アメリカのやり込みゼルダーさんたちの技術レベル・知識レベルはもの凄い物があります。今度またブログの記事にしますが、とある(正規で無い?)攻略法で時オカを3時間でクリアしてしまうほどです。
このレベルの高さは、やり込みを専属に議論しあう掲示板で培われたものでしょう。あらゆるゲームのやり込みムービーを配信するアメリカのサイトさん(SDA)に設置されたBBSで議論されている内容は、日本のそれとは比べ物になりません。

単純に、本当に単純に考えれば、日本にも同じく「やり込みBBS」を設置し、熱いゼルダーさんたちが議論を進めていけば、日本のゼルダーさんの技術レベル・知識レベルも向上していくハズです。

ただし留意点があります。アメリカは「ゼルダやり込み=タイムアタック」という文化があり、日本では「ゼルダやり込み=ハート3つ」が定番です。技術と知識、両方の要素が絡んでくる点でアメリカも日本も同じなのですが、実はタイムアタックの方が技術・知識の両方ともより高いレベルを要求されます。アメリカのゼルダーさんの発展の要因はここに帰するでしょう。
なので、日本のゼルダーの技術・知識レベルを危惧して「やり込みBBS」を設置するとか、しないとか、その前にそもそもの文化の違いが関わってきている可能性もあるわけですよ。だって、時オカ剣封印クリアのように、ファントムガノンは空きビンとハンマーで倒せる・・・程度の知識と、タイムアタック攻略法じゃ、比べ物にならんですし。ってか大地の章やり込み日記なんかダンジョン迷いながらハート3つクリア挑戦してるし。
そんな日本人が、はい、じゃあ、と、いきなり右ならえでタイムアタックに挑戦するかと言えば・・ねぇ?ぶっちゃけ俺ももう満足です

もうひとつ留意点、「やり込みBBS」を設置したところで、ちゃんと掲示板として機能するかどうか。要するに、「やり込みBBS」に「デクの樹様でパチンコ取ったあとが解りません」なんてスレッドを勘違いお子様が立てちゃわないか、ということですよ。
もう4月、そんなに管理に時間が取れませんから・・。

これら留意点が、当サイトにお越しの方々の奇抜な発想で見事解決されれば、「やり込みBBS」を設置したいところ。


あるいは、もっとやり込みサイトが増えれば良いんだ。やり込み日記サイトじゃない。やり込みサイト。身のあるゼルダやり込みサイトさんは無条件でリンクします。


ちなみに、少し前にお話した「タイムアタック」の国内でのムービー規格化と情報共有を目的とした、某他サイト様とお話を進めていた「タイムアタック同盟」ですが、キャンセルに。動画配信はやはり敷居が高く、ちゃんとやりたいならまず年間**十万のサーバー代と、それでも黒字になる広告展開が必要で、まぁゼルダだけじゃパイが小さすぎるかなぁ・・と。(お蔵入り

■ ハイラル城



ちょっと用があって、スクリーンショットを撮影しにハイラル城までお出かけです。スクリーンショット用のパソコンで走らせている時オカなので、太陽が4つあったり、箱庭のフレームが見れたりと不具合もあるのですが、そこら辺はご愛嬌。
いつものようにハイラル兵士の隙をついて、中庭へと目指します。どれくらいまで近づいて良いのか試してみたくなり、正門のところの兵士に近づいてみますと・・・



反応、にぶ!

ハイラル兵士が反応にぶいのはもうじみですが、ここまで近づけるとなると逆に面白いですよね。もっともっと、どこまで近づけるのか、試してみました。

・・・・・







もう、逆に気付いて欲しい!

なんか、無視するというイジメの常套手段を今ここで味わってる気分。ハイラル兵士に捕まえて欲しい!なんて思ったのは初めてでした。そんな、初夏の夜(←こう締めくくると頭のよさそうなブログだよね!)

■ 毒舌太郎

出会いと別れ(恋愛診断)

(紹介文より)過去から現在までの彼氏彼女を振り返る恋愛診断。結果画面で毒舌太郎に吐かれる苦言は、すでに数万人のハートをえぐっています。傷つきやすい人は危険!











毒舌太郎の苦言がピンポイントすぎて、もうダメです俺。ちょっと西インドまで旅に行ってきます。

■ ヤフオク落札代行依頼

Yahooのオークションに欲しい商品があったんですよ。

今までヤフオクなんて興味なく生きてきた人間ですから、当然今日が来るまでそのシステムなんて知りませんし、欲しい物があった時にヤフオクをチェックするなんてことはして来ませんでした。
しかし昨日は、とあるディズニー関連の商品が欲しくて、ディズニーのオンラインストア→Amazon.co.jp→楽天→Yahoo!ショッピング→NISSEN→イオンとネットのど真ん中を死者のように徘徊。しかも後半から全く関連性ないサイトだし
こんなに探しても、無かったんですよ。お目当ての商品が。世界第2位の資本主義・日本ですら、こんな民間人1人の欲求をネットで叶える事が出来ないとは・・・と、まだまだIT事業に進化の道・課題が残されていることを実感しつつも、ふとYahooにもう一度アクセスしてみたところ、この文字列を見かけたのです。

Yahoo!オークション。

そうか!ヤクオクがあったか!友人によればヤフオクは本当に何でもある、と伺っていますし、もしちょっとくらい高値になっても良いから欲しいと思っている俺は、その商品を検索してみることにしたのです。
するとですね。ありました。2件も。しかも落札価格は10円600円という超破格。やっべーヤフオクやっぱり最強だし!と感動ですよ。もうPCの画面に手を突っ込んで今すぐ入手したいくらい。この商品。
でね、競売価格がまだ安めと言う事で、ここは1000円くらい投資して一気に落札したいなーと思いまして。まぁYahooに登録しなければいけないってのは予想がついたので、まずはそれ関連の文字列を探すことに。2つHITした商品のうち、ひとつは期限が1日。もうひとつは3日。落札期限が長くは無いから、早めに登録しなきゃね!そして・・・

・「オークション利用登録」のリンクを発見。ジャンプ。
・4ステップの登録を済ませなければならないらしい。3ステップまで登録。
うーん?次は「Yahoo!プレミアム会員」に登録しろ?
・月額294円?お前、ここでお金取るのかよ・・・。

・Yahoo!プレミアムの「お客様情報の登録」に到着。
・「お支払い情報の登録」にてクレジットカードの登録画面。
・カード持ってない人は、先に指定銀行の口座振替登録をしろ?え、なに?
そんなこんなで、三菱UFJ銀行のサイトに飛ばされる。

・えーっと、「申込画面に必要事項をご入力ください」ふむふむ・・・
・「3日から1週間後、メールがYahoo!から送信されます。」ふむふむ・・
え、1週間かかるの?


・・・・・



なるほど、要点は掴めました。間に合いません。

欲しい商品は落札期限3日だよ!間に合わないじゃん!どうしよう・・・NISSENとイオンにまでアクセスした果ての望みの綱が、今ここで断ち切られた。。




ってことで、突然ですが、ヤフオクに登録済みで、今すぐ利用できる環境にあるお方、俺のために落札代行して頂けませんか?もちろんお金は、手数料・送料を含め銀行振込等で支払います。もちろんタダとは言いません、数千円くらいまで上乗せさせて頂きます。何の商品なのか、など、詳しくはメールにてお話しますのでメールフォームよりメール下さい。ケータイからアクセス、ってことで万事解決。


※ケータイでもダメだったらもう日本のネット界には夢も希望もないので、西インドに旅に行きたいと思います。

■ 私通→私信

2、3週間前からこっそり「私通」から「私信」に名前を変えたんですが、気づいた方はいらっしゃいましたでしょうか。

実は、まぁ短いメッセージ、だとか、転じて一言ネタみたいな意味で使っていた「私通」という単語ですが、実は私の意図していた意味とはどうも違うらしいのですよ。ある方からご指摘を頂き変更するに至ったわけです。では真の意味とはなんだったのでしょうか。辞書により表現の仕方が柔らかかったりするのですが、要するに「私通」とは男女が密かにエッチすることという意味らしいです。うひょう!よりによって下ネタな方向で間違えるってこと、そしてこれが3年間誰にも指摘されなかったこと・・・

今まで3年間、900回も私通してました。

■ DSゼルダ動画

別にこのサイトはニュースサイトでもないし、このブログは本来俺の日記のハズなんですが、っていうかゼルダの記事を連発すると逆に俺の日記(日々、いろんな妄想が駆け巡る日記)が書きにくくなるのであんまり好まないんですけど・・・素晴らしいタイミングでなんとも味の濃いニュースがブログのコメントで転がり込んできました。

ニンテンドーDSでゼルダの伝説。

これも随分前から噂されてきた話題。公式からかどうかまでは確認していませんが、デモムービーがネットで配布されているご様子です。

いやー、季節違いというかなんと言うか・・・まだタイトルも発表されていないリアルリンクに押しつぶされて、結局影の薄いままだったふしぎのぼうしを彷彿とさせますこのタイミングは。E3でどうせ流れるデモ動画なのでしょうが、きっと流行らないね、うん。2015年くらいの発売で十分じゃない?少なくとも俺はDSもってないし購入予定もな・・

http://www.youtube.com/watch?v=zrxgKbgFOyI





うぉぉぉぉぉ面白そぉぉぉ!

なんだこのクオリティーは!!



4つの剣がモチーフなんて噂が流れてたからすっかり、すっかり油断してました。我が愛しきカートゥーン・リンクではないですか。しかも3Dと2Dの融合って感じで。情報提供の幻影豚さん、どうもありがとう!
タイトルは英語で「Phantom Hourglass」直訳すると、幻影の砂時計。「ゼルダの伝説 魔法のグラス」あたりが妥当な邦題でしょーか。あるいは「ふしぎのとけい」とか。うわー対象年齢低そう!
タッチペンを用いた謎解きも注目です。ムービーでは、ブーメランの軌道をタッチペンで描く場面が印象に残りました。

また、冒険の舞台も海になる様子です。時オカ→ムジュラと同じく、風タク→DSゼルダ、という位置付けなのでしょうか?番外編的な感じで。風のタクトは好きなので、もしそうだったら、俺の興味度はかなり上がりますよ。うん、発売、2010年ごろまで早めて良いよ。

果たして、どんなゲームに仕上がるのでしょうか。

■ いろいろとやり込み

さて、最近盛り上がってきた時のオカリナ・ノーセーブタイムアタックでございますが、攻略法を順次アップしていきます。第1弾として、まずはタイムの縮めがいのある炎、水の神殿を含めて4つのダンジョンのマップ付き攻略を掲載しました。この攻略法は、俺も「公開するのもったいないな・・」と思うほど練りに練られたルートでございまして、世界記録のTSA氏の攻略ルートよりも優れています(たぶん)。ある程度うまい人は、もうこれだけで5時間きれるっしょ?マジ、そんな感じの攻略法です。水の神殿なんか「え?もうダークリンクと戦うの?」って感じですから。

この攻略法の不完全な部分は、アイテム切り替えについて全く触れていないのと、フロルの風を多用するにもかかわらずMPの管理方法にも言及がないところ。それは今後いろいろと書き足して行きたいと思っています。春休みで暇な人は、ぜひとも時オカタイムアタックで4時間台叩き出して下さい。意外と、いけちゃうんじゃない?
5時間ちょい、とかの国際的な記録となると、記録を言い張るには動画が無くちゃダメなんですが、このブログにコメントで書くときは証拠なんて無くても自慢OK。さっそくウェイさんが4時間48分という記録を出したようです。俺も、4時間45分いけるんじゃね?と思っています。どんどん俺の5時間5分、抜いちゃって下さい。皆様お互い頑張りましょう。
この件に関し情報提供をくれた皆様方、どうもありがとうございます。


さてさて、時オカ持っていないひとや、時オカはあんまり好きじゃない人もいるでしょう。そんな人には、最近の時オカ一辺倒な極限攻略はたいくつかも知れません。
そんな人に今、この春休みオススメしたいのが「ムジュラの仮面 最短パーフェクト攻略」です。前々から、いつかやると言っておきながら時オカタイムアタックに没頭してしまったせいで手が付けられませんでした。
今、このブログにもよくコメントを寄せてくれているタックリーさんがプレイ状況をメールでお知らせしてくれているところです。超、感謝!
実はこれ、一応WEB上のサイトさんの記録では5回ですが、セーブ4回でクリアできます。この攻略法は(どこぞのBBSでは出回ってるかもですが)サイトのコンテンツとしてはどこも公開していないので、タックリーさんの情報を元に攻略法を公開したいと考えています。


ちなみにこのブログがどんどんゼルダサイトのコンテンツっぽくなって行ってますね。

連絡:メールフォームにケータイのアドレスを書いてくれた方へ。一応ケータイには返信しないっていう方針なので(ほら、学校の授業中にケータイ鳴らしちゃっても迷惑でしょうし)、ここでお礼を。情報提供どうもでした。さっそく時オカタイムアタックの攻略法書き換えました。

■ 時オカ5時間5分23秒

まだ攻略記事は書いていませんが、取り急ぎブログにて速報をお伝えします。昨晩に時オカ・ノーセーブタイムアタックを実行し、記録が出ました。これからバイトに行ってきて、それから攻略記事をせっせと書いていくつもりでございます。

時オカタイムアタック5時間5分23秒。

やりました。ついにやってしまいました。大幅な記録更新。なんと、時オカノーセーブタイムアタックにて自己新記録をたたき出してしまいましたリハーサルで。

この大記録の全ての始まりは、なんともささいなものでした。なんとなく寝付けず、練習がてら通しでやってみるかと電源を付けたゲームキューブ。風のタクトの予約特典についていたROMを読み込む音が始まった時には、もちろん私自身はリハーサルとも言えない練習のつもりだったのですが、こんな記録を出せるとは思ってはいませんでした。せいぜい、5時間20分?絶好調でもこれくらいだろう、という気持ちでした。

世界記録は4時間57分。近い将来的には、この記録と戦っていくことになる場所を目指していましたので、5時間5分23秒はもう世界記録射程範囲と見て良いでしょうか。この人のやり込みタイムアタック動画を見てお勉強してきましたし、今回の俺のプレイはほぼこの人と同じルートを取りました。TSA氏によるこのムービーは攻略法は完璧でしたが、フィールド操作がイマイチ。回転斬りも苦手みたいだし、スタルフォス戦なども修行が足りない。いやこれ俺のほうがうまいんじゃね?なんて思える場面もかなりあり、ここに勝算を見出していたのも事実。
ムービーはこちら(注意!重いです)

しかし、TSA氏はボス戦などは研究し尽くしていて、俺はTSA氏とほぼ同じルートを通ったにも関わらず、ってか若干この人の攻略法に手を加えた感じのルートを取りましたが、俺の記録は7分半も遅れています。他に何か原因があるのでしょう。ま、今回の記録はリハーサルだからね。

リハーサル、というくらいですから本番があります。それは、ムービーに記録することです。ムービーに記録されていませんから、形として残っていませんから、どんなに良い記録が出ても証拠がないわけです。年内には4時間台のタイムアタックムービーを公開できれば・・と思っています。動画の撮影法・PCへの取り込み法など、手ほどきよろしくね、ダイエイさんw

■ 雑記
・魔法メーターの使用場面をギリギリまで詰めていけば、フロルの風使用頻度をもっと高められるかも。
・ハートは4つでもゾーラの服封印は可能。もしかしたらハート3つでもクリア可能です(そしたらダークリンク戦が楽チン)。
・64版のみの裏技、と懸念されていた、水の神殿3F北西の足場への飛び乗りは、GC版でも出来ました。崖に捕まりかけている時にジャンプ斬り発動でOKです。

超急いで書いたのでツッコミ勘弁。

■ アクセスカウンター論

2550000ってキリ番ですか!?なにかください!!1

最近、キリ番という言葉を聞かなくなりました。

この言葉を聞かなくなった原因は2つ考えられます。私が前々からたまーに言っている、「100の質問」にまつわる遍歴のような「時代の変化」でしょうか。それとも、「リング」のように、ネット歴が長くなるほど変わってくる、その単語に対する意識や価値観でしょうか。

どちらにせよ、ネットの世界をめぐる変化のスピードによって、アクセスカウンターの価値はなくなっていくでしょう。

かなり懐かしいサイト様ですが、「侍魂」が数年前に1億HITを達成しました。個人サイトでは初の快挙と言う事で、当時はもの凄く評価されましたが、今や「ろじぱら」も1億HITに迫り、「僕の見た秩序」はすでに達成。しかし、当時の「侍魂」が1億HITで得たものほど評価は高くないでしょう。何故でしょう?それは、経済学の初歩の初歩、「流通貨幣量とインフレ」からも原因を見出すことが出来ます。
要するに、インターネットが普及し、全てのサイトの総アクセス数なんて10年前の何倍にも増えているわけですから、アクセスカウンターがひとつ上がることの価値が減ったのです。お金の話に例えてみれば、10年前に100円で一本のジュースが買えたのが、200円で1本のジュースしか買えなくなった状態なわけです。この場合はジュースの値段は倍ですが、その人が貰う給料も倍になっているので、実質な出費の感覚としては同じこと。しかし、1円あたりで買えるジュースの量は減っています。これを貨幣価値が下がる、といい、専門用語ではインフレと言います(今はそんな事どうでもいいですが)。原因は、お金の量が増えたから。
アクセスカウンターに関しても、同じことです。お金に関しては、量は日本銀行が金利を上げたり下げたり、海外に流れたり・・で増えた分はたいてい減りますが、アクセスカウンターは一度カウントされたら減りません。だから価値は無くなっていく一方です。

これが私のアクセスカウンター論です。ただし、アクセスカウンターは完全にはなくなりません。絶対的な評価が下がろうとも、相対的な評価方法としては根強くアクセスカウンターは残るでしょうから。「相対的な評価方法」とは、こっちのサイトの方があっちのサイトよりアクセス数が多いから、きっとこっちが大手だろうという考え方。同じジャンル内では通用するモノですし、好きな人やこだわりのある人はとにかく気にする数字でしょうが、俺はこのアクセスカウンター至上主義は今の考え方としては無いです。「どんなコンテンツがあるか」これからはこの時代です。どんなコンテンツがあるか、という事とあわせて「魅せ方」「サイト運営手腕」なども一緒に評価対象となっていくでしょう。


皆さんがどういった考えをお持ちかは存じませんし、自分のこの考えを押し付ける気も無いのですが、とりあえず今日の話のネタとして自論を展開させて頂きました。
さらには、アクセスカウンター至上主義で頑張ってサイト運営している方々を非難・否定するつもりもありません。むしろ、私も最初はそうでした。アプローチの仕方はいろいろありますが、どちらにしても良いコンテンツを作りたいという欲求はサイト運営に関わってきますので、この気持ちを大事にして頂ければ、と思います。
それでは皆様、おやすみなさい。



・・・あれ?最初「キリ番」の話だった気がするよ?

■ 時オカタイムアタックリベンジ。

時オカのノーセーブ・タイムアタックにチャレンジできるのも春休みのうち、っていうかそれを過ぎたら再来年の春休みまで無さそうとかシャレになりそうもない状況なんで、近いうちに、攻略法だけでも更新したいです。

周りのサイトさんでもいくつか時オカノーセーブ・タイムアタックにチャレンジされているサイトさんがいらっしゃいますが、その中でもSUNさんはブログにてリベンジを掲げています→時オカタイムアタックリベンジ

ということで、某Kさん(いや俺のことなんだけども)にチャットで触発されたSUNさんに触発されてブログを執筆です。強引に時オカの話題をもってきて、なんとかゼルダサイトのブログらしく威厳を保てている感じ。そういえば最近は例の単語の出没頻度も下がってきてますな。うん、いい流れです。で、例の単語、って何でしょう。

■ 新作ゼルダをプレイする夢を見ました。

新作ゼルダをプレイする夢を見ました。うっひょう!朝から気分がいいぜ!

もちろんリアルなリンクで、剣と盾を持ち、ダンジョンを探索しているところでした。しかも夢ですから、俺がコントローラーでリンクを操作している感じも半分ありながら、もう半分は自分がリンクとなって剣を振り回している感覚。斬り・ジャンプ斬り、移動の際のジャンプなどは私が実際に体を動かしている感覚がありながら、反面、回転アタックと回転斬りはコントローラーを用いて発動している感じ。
ですから、ジャンプ斬り→回転斬りのコンボ発動が実に気持ち良い。かっこよく、華麗で、GCもなめらか。未来のゼルダはこんなに面白い操作感なのか?と思えるくらい。時オカでスタルフォス相手に華麗なジャンプ斬りをお見舞いすることとは非にならないような、操作感。面白すぎな夢でした。

さて、ダンジョンを探索しているリンク。ダンジョンは、風のタクトの「禁断の森」と、時オカの「森の神殿」を合わせた感じの作りとなっていまして。さらにこの夢を盛り上げる要素としてもうひとつ重要な事柄がありました。モンスターが異様に強い。中ボス部屋のようなところへ入りまして。広く、それでいてアスレチック的な要素もある・・まぁこんな感じの部屋で、相手はウルフォス2匹。そして、なぜでしょう夢からか、この2匹を倒すと空を滑空できるアイテムを入手できる、ってことが解っていたのです。なんだろう、デクの葉かな?鉄格子でふさがれた先の宝箱を横目で見つつ、いざウルフォス戦。

普段はウルフォスなんて見かけても剣を交えもしないほどのザコ敵ですが、夢の中では違いました。超強いのこいつら。まず、防御力が高い。リンクの振った剣を全て身のこなしでかわしやがる。相手が攻撃してきたスキを突いたジャンプ斬り→回転斬りコンボも、サクっとジャンプでかわしてしまう。そして逆にこちらが、回転斬りの後のスキを突かれて噛み付かれてしまう。つ、強い。これだよ!これが俺が求める「敵が強いゼルダ」だよ!とか夢の中で大興奮。
結局、ひとつ高い段からバック宙でウルフォスの背後を取り、即回転斬りをお見舞いして・・って感じでなんとか撃破。ふぅ、面白かった・・・ウルフォスがこんなに強いなら、ここのボスはどんだけ強いんだろう?とウッキウキです。

開く鉄格子、露わになる宝箱。具体的にどんなアイテムかは解らないものの、「空を滑空できるアイテム」ってことだけは解っています。ようやく倒せたウルフォス、この戦闘はあと味も良すぎで夢の中ではもう気分盛り上がりですが、この余韻と焦る気持ちを抑えつつ、宝箱をオープン。

そして出てきた飛行用アイテムは・・・・






キョロちゃん。




な、何故。
何故、キョロちゃんが・・!?しかもキョロちゃんは「久しぶり!」とか言って、早速リンクの頭に乗っかって話し出す始末。意味がわからない。あ、こいつナビィとかエゼロ的な役割?そして肝心の飛行機能も持つキョロちゃん。「足を持ってジャンプしてみるキョロ!」とか言い出すので、その通りにしてみる・・。キョロちゃんの足を掴んで、まるでコッコの如く空を滑空。そもそもキョロちゃんて空飛べたっけ・・情けない・・・。



奇跡の任天堂・森永コラボレーション。

■ 厳しすぎる

労務管理経験が3~5年以上ある方。福利厚生プラン立案および実行の経験があれば尚可。労働法関連の幅広い基礎知識と3年以上の経験がある方。外資系人事経験者尚可。ヒヤリング力があり、問題の原因の所在を的確に判断し、解決できる方。論理的思考能力のある方。戦略的ビジネスセンスあれば尚可。チームワークを重視する方。英語力必須。TOEIC 700点以上(英語での電話会議ができるレベル)。

・・Amazon.co.jp配送センターの人事部の採用基準が厳しすぎる点について。

■ やり込みブログ

しばらく家にいないので、その前にブログを更新。これから卒業式行って来ます。

流行りモノが大好きなはずのかみいぬさんが、やり込み日記をブログにしない理由。今日の日記は専門用語が多く飛び交う、ものの見事に読む人を限定した記事なので、苦手な人は一番下の今日のオチを先にお読み下さい。

確かに時代は変わりました。アクセスカウンターの回った数なんて今では無価値に等しく、どんな情報を発信しているのか、という点に重点が置かれています。そして「無駄足」と呼ばれる、「サイトに訪問してみたはいいものの更新されてなかった的虚しさ」をビジネスチャンスとして捉えた方々によりRSSが開発され、その一番の要素としてブログという言葉も誕生しました。やり込み日記のサイトも、更新を楽しみにしている方々にとって最大の敵は「無駄足」です。

その手っ取り早い解決法は、ブログ。やり込み日記のブログ化。
では、何故、流行モノが大好きで、それでいてこのカテゴリーの先駆者でありたいかみいぬさんが、やり込み日記のブログ化を進めず、慎重なのか?

ブログは、日記という性質上、日付が新しい順に勝手に並んでしまうじゃないですか。これが最大の理由。いや、微妙に長い前フリもいらないほどの理由で申し訳ないんですが、本当にこれが嫌でブログ化しないんです。
やり込み日記ってのは、日記でありながら読まれ方は小説などと似ていて、日記でありながら日記よりもずっと将来に渡って残るモノ。これではリアルタイムでやり込み日記の更新に遭遇できた人しか、楽しめない。
だからこそ、普通のテキストコンテンツよりも「読みやすいレイアウト」の工夫が必要とされるため、俺はやり込み日記のブログ化には踏み切らないのです。ブログはデザインのカスタマイズ制に優れているので、トップページに自分で日付を昇順に並べたリストをhtmlで書けばそんな問題も解決するのでしょうが、記事の作成に伴って自分で更新履歴を作る時点で、ブログをやる意味はないです。
特に俺の書くやり込み日記はネタに走る傾向があるので、普通の日記以上に独りよがりな文章になってしまう場合も多く、その分見せ方にも気をつけなきゃいけねーっつー訳で、でもRSS発信の利点は買いたい、そんな微妙な乙女心。

要するに更新の際にRSSを発信すれば良いのならば、俺は、「やり込み日記をブログで」というよりは「やり込み日記をXMLで」という風に考えます。それは、自分が一生懸命作ったテキストで、www.zelda-extreme.com以外のドメインにGoogleランクを渡したくない、でもブログを独自ドメインで運用する方法なんて知らないし勉強する気も無いっていう貧乏臭い理由も存在します。

今これから掲載される新しいやり込み日記はブログでなければXMLでも無いですが、秋に発売される新作ゼルダのプレイ日記はRSS配信しようかなーと考えております。その時に時間があれば、の話ですが。





ネット用語がさっぱり解らない人は、ブログを「昆布だし」、RSSを「おでん」、XMLを「カツオだし」と各自置き換えて読んでみると、なんとか読めるかなーって思います。

■ 波のように

ちょっとリアル生活のほうが忙しくなったからって、ブログの更新が止まる・・悪い癖です。基本的に何のストレスも無く毎日更新できるという状態のときは自分で読み返して満足できる記事が書けるのですが、ちょっとリズムが崩れると、そうもいかなくなる。まるで波のように好調、不調が交互に訪れるのが俺の短所で、これがないのが良いブロガーなんだろうなぁ、という憧れも抱きつつ、一方で良いブロガーなんて呼ばれたくないと思う自分も存在する。

眠いです。眠いですが、もしかしたら、今から土曜日の夜まで寝れないかもという、明らかに見直しが必要なスケジュールをこなしてきます。土曜の夜までブログが更新されなかったら、それはかみいぬさんが爆睡してる証拠。なので、かみいぬさんに好意を抱いてしまった女の子たちは、どうやったら土曜の夜の疲れきったかみいぬさんを癒せるかを今のうちに考えておくと良いよ!

■ 100の質問

時代の変化を、感じます。

何をイキナリおっさんみたいな事を言ってるのかといえば、おじ様好きな女子のため ごく身近なところからWEBの時代の変化を、感じたからです。
やや遠い所の話をすれば、IT企業による「日記レンタル」サイトは廃れていき、ブログが主流になりつつあります。好きなサイトがあれば、毎日訪問して更新をチェックするのではなく、RSSをRSSリーダーで受信する時代にも変化しつつあります。天気予報も、ライブドアによってXML配信がサービス化されました。サイトの広告も、以前は無料レンタルサーバー屋さんがバナー広告を表示することが主流でしたが、今ではバナー広告という言葉自体が廃れ、フラッシュ広告なんて流行る前にすでに死語です。広告はテキストに切り替わり、そのサイトからの訪問者を狙うのではなく、Googleのランクを上げるために利用されるようになりました。FC2Web、忍者ツールズなどの「いかに広告を目立たせないか」という競争からもそれが読み取れます。

ちょっと難しい話をしてしまいました。
私がさきほど述べたように「ごく身近に感じた」というのは、「100の質問」の時代の変化という点です。
ブログの世界に「バトン」という流行モノがあるみたいですが、それが100の質問に取って代わるかはよく解りません。しかし2年前まで普通に見かけていた「100の質問」、最近はぱったり新しいモノを見なくなってしまいました。いや、単に私がちゃんとサイト巡回をしていないせいかもしれませんが、いずれにせよこれから100の質問にも変化が求められると思うのです。

ゼルダ関連で「100の質問」というとナビゼルさんが多く取り扱っています。100の質問に答えると、通常は質問の配布元にリンクを貼ってもらえる、という利点がついてきます。ナビゼルさんも例に漏れず、「ゼル伝ラブさんに100の質問」などの回答者サイトのリンク集がありますが、掲載までのプロセスは
・100の質問に答える
・自分のサイトにアップロード
・そのアドレスを、配布者にメールで伝える
・配布者、メール受信
・配布者、サイト確認
・配布者、そのサイトへのリンクとバナーと100の質問へのリンクを貼る
・そのファイルをアップロード
・更新履歴に書き込み、そのファイルもアップロード
こういったプロセスを踏む必要があります。デジタルなのにアナグロな。多くの100の質問サイトさんが「作ったらメールで教えてね♪」的な方法をとっています。これらプロセスは時代と共に廃れていくのです。その良い例がブログの流行であり、RSSの出現であります。100の質問も、時代の変化に対応していくことが必要、と主張しているわけでございます。
そこで、100の質問の新しい時代。100の質問をブログに掲載し、質問回答者はトラックバックで記事を送信する。これどうですか。これならば上記のプロセスを半分以上、省略できます。煩わしさも解消されるってものです。100の質問はブログの時代へ、私はそう感じています。いや、これからそういった選択肢も出てくるのではないか、と。

主張するなら、まず自分がやれってね。はいはい、作りましたよ。ブログで100の質問。100も質問思いつかなかったんで、5の質問で勘弁してくれ。「ゼルダLOVEさんに5の質問」一番下へ掲載しました。コメントでもトラバでも回答OKです。

ところで、ナビゼルさんが3月5日で4周年だそうです。なんと我がサイトと1ヶ月違いの誕生日だったのか。4年もやってると、自分より長くやってるゼルダサイトなんて少なくなってくるので、お互い長生きしたいですね。なんかご長寿さんの言葉みたいですが
100の質問は時代の変化がどうのこうの、とか散々吐いた後で言っても気持ち伝わらないかもですがorz


■ ゼルダLOVEさんに5の質問

1、ゼルダで好きなタイトルを教えてください
2、それはさておき、女性ですか?
3、スリーサイズはいくつですか?
4、年齢はいくつですか?
5、かみいぬさんとデートしませんか?

■ アジア進出

なんと、アクセス解析を眺めていましたら、中国のブログから当サイト「ゼルダの伝説極限攻略」が紹介されていました。


英語圏のほうは、前にもブログでお伝えしたとおり、タイムアタック系のサイトさんからご紹介を頂いておりまして。内容は「あんまり良い記録じゃないけど・・日本にもゼルダやり込みサイトあるぜ?」的なニュアンスでございました。が、日本でもゼルダやり込みの文化が存在する事、そうした活動をしている人がいることは、英米諸国の方々にお伝えできたかなーと思っています。

で、ですよ。やっぱ紹介されたら、なんて書いてあるか気になるじゃないですか。サイトも4年やってれば我が子のようなもの、そんな我が子がアジア進出ですよ。英米諸国は今まで数度ありましたが、初・アジア諸国ですから。待ってろよASEAN!?人口10億人の中国でこのサイトが流行ったらとんでもない事になるぜ?
そして気になる内容ですが、私はExciteなどの自動翻訳っつーのは苦手なのです。あの意味不明っぷりが腹立たしいので、他の人に聞く事にしたのです。「自分で調べもせず・・・」というから言えば若干甘えの姿勢であることは否めないですが、やはり友の力は偉大なわけで。
チャットで最近良く会う、中国語が少し解る方に聞いてみたんですよ。「簡単で良いので、訳して頂けませんか?」って。

ご好意によって翻訳をして頂ける様で、さっそくそのウェブページのURLをチャットに貼り付け。

ちょっと、待ってる間、ドキドキですよね^^
だってさだってさ、中国ですよ?初・アジアですよ?
なんか、ゼルダっていう共通の商品を通じて、ワールドワイドでひとつの意思が繋がる・・とてもステキな事だと思います。

おっと、チャットで返信が来ました



かみいぬさん、


コレは中国語じゃなくて韓国語です



HOME

SEARCH

CALENDAR

« | 2006-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

MONTHLY

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。