かみいぬ日記

「ゼルダの伝説極限攻略」管理人かみいぬの日記。

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 「Wii(ウィー)」レボリューション正式名称

正式名称を「Wii(ウィー)」に決定(watch.impress)

ずっと前からレボリューションという開発用コードネームで呼ばれてきた次世代ゲーム機。Wiiという名前に決まったそうです。任天堂、なかなかセンスいいじゃないですか。

■ 任天堂さんが考える「Wii」
・英語の「We」をイメージした
・家庭の誰もが楽しめるというコンセプトを表している
・「ii」は、ユニークなコントローラ・人々が遊ぶために集まる様を表現

■ 任天堂さんが考えるマーケティング構想
・ゲーム機は家族の中に敵を作っていないのか?
・家族の中でみんなが関わりあえる『REVOLUTION』


ゲーム機としてはもちろん、家電としても機能することを期待します。例えばDVDが見れたり、音楽が聴けたり。そこら辺ちゃんと整って無いと、俺みたいに普段全くゲームをしなくなった人が「Wii買おう!」と出費を決めるにはまだハードルが高いですが・・・どうなんでしょう?ひょっとしたらもう情報が出てるのかも知れませんが面倒なので探してません。博識で優しい訪問者様がコメント欄かメールで教えてくれることを期待してます(←図々しい)

■ 技術面から見るWii
・IBMと共同開発されたチップ「Broadway(コードネーム)」
・ATIと共同開発されたグラフィックスチップ「Hollywood」
・512MBのFLASHメモリを内蔵
・無線LANの搭載
・SD memory card端子
・USB 2.0ポート×2

この6点全て理解できる人は少ないでしょうが・・・私なりの見解を述べますと、一番気になるのはUSB 2.0ポートを装備している点。パソコン周辺機器と接続できるのでしょう。キーボードを差し込めて、ネットゲームで会話が楽チンなんつーのはもう搭載されるとして、キーボードを用いた会話が可能な「どうぶつの森Wii」もきっと出るでしょう。


他、Wiiに関するいろんな人の予測は、こちらNINTENDO iNSIDEさんの「トラックバック」ってところからたくさんの人たちのブログにアクセスできますのでご覧下さい。
スポンサーサイト

■ うっかりうっかり

マルイのお姉さんがかわいくて、うっかりうっかりVISAカードの契約をしてしまった。


マルイとは、主に洋服を扱うデパート。最近始まったポイントカードにVISAクレジットカードが付いてくるのだが、きっと本社指令なのだろう、どの店員もやたらエポスカードを薦めてくる。要するにクレジットカードだから今まで断ってきたんだが・・・




具体的には安めぐみをもっと小さくして、でも胸の大きさはそのままに、髪はもちろんサラサラ、体も細すぎずでもぽっちゃりとまで行かない丸さが愛嬌良く、一生懸命マシンガントークで話しかけてくる(一生懸命なトコがかわいい)感じ。うわー今思い出してもかわいい。
いろいろ話し込みました。俺は今日、この前なくしたネックレスの代わりを探しに買い物にきた感じなんですよとか、そのお姉さんは高校時代からマルイが好きでよく買い物してて、東京の短大を出てずっと好きだったマルイに就職しちゃったんだよ、とかいう話に差し掛かったあたりで、気付いたら俺、書類書いてました。


そのお姉さんはネックレスを首にかけてくれる段階で普通後ろから回り込むものを真正面から俺の首に手を回しネックレスをかけてくれたり(擬似恋人体験でドッキドキ)、やたらと前かがみの体勢になって胸の開いた服からのおっぱいの谷間を強調したりで(つーかブラ見えてた)これ男なら仕方ないよね。VISAのひとつくらい契約しちゃうよね。って話ですよ。



きっとあのお姉さん、同じような手法で世の男どもを翻弄し、相当の契約を稼いでるんだろうなー。

■ データベースもインタラクティブに

過去にふしぎのぼうし攻略サイトMinish Museumを作りました。2004年E3でこのタイトルの発表があり、興味をそそられて制作したものです。流行に乗った本格的・短期的な攻略サイト運営は初で、ダンジョンマップ作成もしろどもどろでしたが、良い経験になりました。
時は経てもうすぐ2006年E3。もしかしたらGC新作ゼルダの日本語タイトルも発表されるかも知れませんが、それ以上に確実視してるのが、新しいプレイムービーの公開。プレイアブル出展されるとのことなので、実際のプレイの様子が現地のファンによって撮影されて公開されるでしょう。

2005年E3の段階でも、日本語タイトルが発表されていないにも関わらず、GC新作ゼルダサイトがいくつか誕生しました。きっと今度の5月のE3でお披露目になるゼルダの伝説の新情報に惚れて、また新しいサイトさんが去年以上のペースで誕生していくでしょう!いやー楽しみでございます。いずれ山のように誕生するであろう新作ゼルダサイトの全部をこのブログで紹介したいと思ってます(笑)


で、別に、画像と説明が全て載り、フィギュア個々の個別リンクにも対応している最強ニテン堂フィギュアリストや、説明が全て網羅され、画像解説もつき街別・攻略手順別にデータ検索ができる国内外最強の「しあわせのかけら100個」のデータベースを作成して、おお!これは便利やないか!と調子に乗ったとは口が裂けても言えないですが、私は攻略サイトのデータベースもインタラクティブにと思うようになりました。

■■■■■ここから用語満載■■■■■
要するに、(例えばしあわせのかけら100個リストで言えば)これらデータベースをHTMLで書くのではなく、こんな感じでデータベースファイルとして書いて、それをいろいろ加工して表示させるプログラムファイルをPerlで書いちゃえば良いじゃん!って話です(別にPerlじゃなくても良いけど)。データベースファイルを書いちゃえば、あとは少しの労力で個別表示街別表示やあんなことやこんなことが出来るのです。検索性の向上つったらそれはもうHTMLの非じゃありませんし、ページも自動生成してくれるので最速攻略を掲げるアナタにもオススメです。
たぶんFFみたいな超大型のゲームは素人のプログラミングだと攻略ページ置いてるサーバーが潰れるかもですが、ゼルダの伝説の攻略サイトはFF攻略サイトみたいに大手同士の連携もなく自然にアクセスが分散するので、Perlかじりたての人でも平気な気はします。
■■■■■ここまで■■■■■

俺は全く他のゲームをしないので当然他のゲームサイトさんなんてろくに知りません。もしかしたら攻略サイトのデータベースもインタラクティブに(かっこよく言ってるけどHTML→CGIなだけ)なんて常識なのかも知れません。が、ゼルダサイトでこの方法を持つ人がほかにいなかったのでご紹介させて頂きました。

■ 参考:ふしぎのぼうし攻略サイトMinish MuseumはYahooの推薦も通って「ふしぎのぼうし 攻略」などのキーワードでGoogleでも1位ないしは2位に表示された結果、うろ覚えですがピーク時には1日20,000HITいきました(これが多いか少ないかは想像にお任せ)。GC新作ゼルダのプレイヤー総数がふしぎのぼうしの総プレイ人口の■倍だとすると、GC新作ゼルダの攻略サイトさんは頑張れば一日で●万HITはいくでしょう。ふしぎのぼうしが何十万本売れたかが解れば、大体見当が付くのですが、手元 / ご近所サイトさんに資料がありません。誰か昔のファミ通持ってる人教えてください!笑

■ 補足:さんざん自慢しているMinish Museumの各データベースですが、紹介した2つの攻略データベースに関しては内容の98%が情報提供です。私は頂いた情報提供をWEBサイトで公開すべき文書としてレイアウトを施したにすぎません。エクセルで情報を送ってくれたり、136種類+100種類の画像まで送り届けてくれた各情報提供様に超感謝でございます。改めてありがとうございました。

■ 宣伝:GC新作ゼルダ用の攻略データベース支援プログラムに興味を持ったけども、そんな技術ないって人は、俺が代わりに作ります。20,000円~でどうですか ・・じゃなかった、えっと、本でも買ってお勉強してください。Perlの教則本はAmazonじゃなくて本屋で見て買ったほうが良いかも。

■ バランスが大事

オシャレに気を使ってみようぜ!ってお話。

TSA氏という、ゼルダの各タイトルで世界記録をいくつも持つ世界一のゼルダーさんがいます。きっとコアなゲーマーさんなのでしょう。ゼルダ愛では俺なんかよりももっともっと上なのかも知れません。
なにも世界記録保持者なTSAっちレベルまでとは行かなくとも、ゲームが好きだったり、パソコンが好きだったりする人はいくらでもいます。ゲームがうまかったり、裏技を見つけるのが得意だったり、パソコンが得意だったり、高い技術を持ってたり。そんな方々は尊敬に値しますよ。だって自分に出来ないことを出来るんですから。でも、ひねくれ者の俺には、尊敬に値するにはひとつ条件があるんです。

そればっかりに偏って身だしなみに気を使えない人は、尊敬できない。


電車男のヒットからオタクという単語が広く認知されて久しいです。本当は「無趣味以外は全員オタク」と定義つけられても良いハズなのですが、実際そうもいかず。。世の偏見と「オタク」という日本語の持つ意味を照らし合わせると「オタク=自分の趣味を持ち、それに没頭しちゃってオシャレに目が回らない人」という定義が妥当でしょうか。※ただし、謙遜を含む日本語的表現として自らを、あるいはお互いをあえてオタクと呼ぶ場合、必ずしもこの例が当てはまらないとも思う。また中学生以下の男子はまだそういうことに興味が無くてもOKなお年頃ってことで許容されて良いと思う。


気をつけていただきたいのは、これは俺の意見であり、そもそもの話として「そればっかりに偏って身だしなみに気を使えない人は、尊敬できない」という個人的見解の上で意見を繰り広げているという点。決して、「オタク=自分の趣味を持ち、それに没頭しちゃってオシャレに目が回らない人」という定義は世論じゃないです(広辞苑を広げてあーだこーだ言うのも筋が違います)。
だから俺は、オシャレな東大生とか憧れますし、USENのイケメン社長も憧れ。どっちも勉強オタクだったのでしょう、ですが、身だしなみという方向にも目を向けることによって、オタクは、尊敬の的へと昇華すると思うのです。(注:くどいですが俺の意見)。


時オカタイムアタックで4時間57分とかいう神がかりな記録をもっているTSA氏ですが、もしこいつが親の金で飯食って一日中家に引きこもってゼルダやってるゲーマーだったら俺はちっとも尊敬できない、っていうのが今日のまとめ。逆に言えば(イケメンじゃなくても別に良いけど)TSA氏が既婚だったりオシャレだったりプレイボーイだったら俺はこいつの事を崇拝します。時オカを世界記録レベルまで極めながら身だしなみにもこだわるという、なんとも高い水準でバランスを保つTSA氏って、ステキだね!って。

だから、裏技・バグ技・やり込みテクニックでアメリカ人にリードされてるどころかゲームテク方面でアメリカ人にどうもバカにされてるらしい日本人は、ゼルダなんてハート3つクリア出来る程度のレベルで構わないから、ゲーム画面とパソコン画面から目を離してまず鏡を見ましょう。皆オシャレになって、逆にアメリカのゼルダーさんとの方向性の違いをアピールしてやるのです。趣味に没頭するのもいいけど、容姿の維持とのバランスも大事だよ!って。
【宣伝】そんなわけで脱オタクファッションガイド(Amazon:¥1,260)


え?アメリカ人ゼルダーさんが全員オシャレだったら?俺らの完全敗北です。

■ DSゼルダ、2006年末発売

DSゼルダが2006年末に発売
DS用に開発されているThe Legend of Zelda: Phantom Hourglassが2006年末に発売予定とのことです。

■ 建前
やったー!ゼルダ新作でるよ!しかもDS用ってことだから、きっと面白いよね。ひゃっほー楽しみ!

■ 本音
せっかく出るGCゼルダと話題をかぶせるな。2008年末発売とかで十分だからひっこんでろ。

本音が毒々しいのは溢れ出るゼルダ愛だからこそです。ゼルダは全部ミリオン狙いに行くくらいの気合を見せて欲しいっていう、ひとりのゼルダーとしての希望。
でも本当に発売なら買わなきゃね!それもゼルダ愛。

■ 頭がいっぱいおっぱい

うちのサイトの私信をそのままパクってたり、管理日記の書き方を真似てる○○ってブログがあるよ、なんて報告をうけて、ちょいと見ににいって来ました。時すでに遅し、うちのサイトの掲示板だかメールフォームだかで見覚えのあるお名前の方が直接コメント欄にて指摘してて、問題と思われる記事は削除済みでした。

「書き方が似てる」とかは俺自身は気にもなりませんし、気付く人も限られるだろうとは思いますが、問題なのはコピペでごっそりパクったという件。別にあなたがそれで楽しいならいくらでもパクってって下さい、っていうスタンスなんで、あまりにも酷かったり金とか絡んでこない限り俺は何も言いません。むしろ「パクるならもっとうまくやれw」とか思うくらいです。

そのブログに今度、何もなかったかのように、ごく普通にトラックバックしてみるという愉快なヒマ潰しを思いつきました。思いつきましたけども、たぶん数分後にはおっぱいの事で頭いっぱいおっぱいで半分忘れかけて、さらに明日になったら完全に忘れてると思います。


追記:そーいえば、このブログにパクった張本人来てるんだっけ。ブログの記事のネタになってくれてありがとうございまーす。

■ 景気の良い話

ここ数日はそりゃーもう豪快にお買い物をしています。4月を迎え、新しい生活がはじまったからということもありますが、それでもこの豪快っぷり、爽快でした。きっとお買い物が大好きなんですね、俺。たぶん12万円くらい使った気がします。


・新しい靴
・新しいシャツ
・新しいシーンズ
・新しいカバン
・新しい靴下・下着等
・新しいピアス
・いろんなアーティストのCD
・SHAKA LABBITSのライブDVD
・新しい定期券
・学校の教科書
・参考書
・いろんな本・雑誌


キーポイントはこの中に家電製品がないってことです。例えばDVDプレーヤー、ニンテンドーDSなどといった数万円する家電製品が含まれているのなら相当な額にもなりますが、そういうわけでも無いんですよね。もしかしたらあの頃の俺は、性欲より物欲のが強かったのではと思ってしまうくらい金を使ってました。

んで、今は、新しいケータイが欲しいわけです。

■ 私信にも書きましたが

「BUMP OF CHICKENファンはaikoも好き」の法則。これって結構当たってる気がしますが、実際のところどうなんでしょう。


BUMP?aiko?どっちも知らない!という情報化社会に乗り遅れてしまった人は、とりあえずaikoだけは知っておきましょう。

■ ムジュラで無敵!

SUNさんのブログで裏技の動画が公開されていました。


俺も、親がデジカメを買った時に動画撮れたりしないかなー?なんてちらっと思ったりもしましたが、親の買ったデジカメはどうも安物で、吐き出す動画は50秒で30MBという聞く人が聞けばコーヒーを噴出しそうな仕様でございまして。いや、そもそもテレビ画面をデジカメで撮影するという動画作成方法は邪道って言っちゃえば邪道なわけですけども・・・

ゼルダの伝説裏技写真館さんも、移転するらしいです。移転先がどこにあるかは、彼のブログを参照してください。本格的に動画を配信するゼルダサイトになるそうです。


ちょっと前までゼルダサイトでは珍しい方でしたが・・・最近ブログが熱いですね。

■ ナビゼルさん

俺が、サイト誕生日が近いだけで勝手に「仲良しサイトさん」(※特に連絡しあった事は無し)と思っているナビゼルさんが、スローペース更新を宣言していました。

「5月以降、新規登録の申請受理作業は1ヶ月に1回」になるなどの処置が取られるそうです。ゼルダ検索サイトの大手さんですから、もっと残念な事にならなくて良かったなと正直思っています。ネットの外での生活の方がずっとずっと大事、でもサイト運営も無責任には出来ない、そのなかでうまくバランスを保っていただければと思います。

よーく見てみるとナビゼルさんはサイト運営のためにお金をかけていることが解ります。管理人さや様は俺らのために身銭を削ってナビゼルのシステムを提供してくれているのです!というわけで、いつの日かナビゼルさんのページにAmazon.co.jpなどの広告がピタっと貼ってあったら、何かお買い物して差し上げて下さい。




あるいは、マリオの新作なんかを俺のサイトからアマゾンにジャンプして買ってくれても良いですよ。

■ ムジュラの仮面 パーフェクトタイムアタック

「ムジュラの仮面 パーフェクトタイムアタック」という、やり込み攻略法の記事を掲載いたしました。ハートを20個まで増やし、団員手帳も20種コンプリート、お面も全部集めて・・・なんて感じのパーフェクト攻略を、いかに最短で攻略できるか?というやり込みでございます。

この攻略記事は、情報の全てが全て、タックリー様の提供によるものです。管理人かみいぬは、WEBサイトで公開すべき文書としてレイアウトを施したにすぎません。タックリー様に感謝感謝でございます。

それに伴い、「やり込みの紹介」のページも編集しなきゃですね。ってか「やり込みの紹介」だけ、ずいぶん前のレイアウトのままなんで(直すの面倒です、はい、すみません)それを11代目レイアウトに統一する作業も含めて近々取り掛かろうと思います。

■ チワワのくぅーちゃん

アイフルが業務停止命令をくらったそうです。取立ての兄ちゃんが恐いということでネットではやや有名だったアイフルですが、その噂どおり、恐い兄ちゃんが恐い取立てをした場面を録音したテープがもとになって、国から3日間ほどの全店業務停止の処罰をうけたそうです。


これを機に俺はダックスフンド派になります。


■ ポケット六法

学校の授業で必要な関係で、「ポケット六法」をという名前の本を買いました。










ポケットに入りそうもない件について。


■ ネットショップが便利すぎ

オンラインシィッピングっていうと、俺は昔はとっつきにくい部分があったのですが、もう今では全く抵抗がなくなってきています。むしろ、便利すぎて止められません。

学校の教科書も、指定の本屋さんへ行かずに、十何冊もの本が全てAmazon.co.jpとセブンアンドワイで済んでしまいました。しかも学校の授業中にケータイで。いやー、便利な世の中になったものです。Amazon.co.jpは1500円以上のお買い物で宅配便のお金が無料になりますし、セブンアンドワイも近くのセブンイレブンで受け取れるので、つまり、両方とも配送料は無料です。サービス気前良すぎ。
ネットで買い物、ってのが今後もっともっと広まっていくでしょうから、もう普通の本屋さんがバッタバタ倒れていく恐ろしい光景が目に浮かんでしまいます。いや本屋さん経営の方々にしたら縁起でもないですが。

教科書の購入がすんだら、今度はヤフーオークションでアクセサリーを落札。ヤフオク利用料の月額200円だか300円だかは、ケータイの月々料金に加算。ヤフオク出品者へのお金の振込みは、三井住友銀行のオンラインバンキングでちょちょいと。もう一度言います学校の授業中にケータイで。

そしてその後もHMVでCDを購入です。こちらも2500円以上のお買い物なので配送料は無料、さらに料金支払もローソンで行える手軽さ。初めてHMVのオンラインストアを利用したのですが、これはなかなか便利です。CD専門店ですから、Amazon.co.jpで無かったCDはこれからはここで買おうかと思います。

料金支払について、銀行のケータイ対応も含め様々な工夫がされています。つくづく、便利な世の中になったなぁ・・・と思うわけでございまして。


・・・あ、そういえば楽天なんてオンラインストアもあったね。すっかり忘れてたし。

■ 時オカプレイヤー100人のうち・・

時オカやり込み日記 1.18:神トラやり込み日記 1

この比率は、先日2つ同時公開をしたそれぞれのやり込み日記のアクセス解析により判明したアクセス数の比率です。単純に人気度の比率とみることができそうです。つまりは

・時オカプレイヤー100人のうち15人は神トラに興味がない

ということです。いや、ネガティブに解釈しましたが、逆に言えば時オカプレイヤー100人のうち85人もの人が神トラに興味を示しているわけでございます。神トラもそうですが、それ以上に時オカが名高いため、ダントツで時オカが人気なのかと思いきや・・・意外と肉薄してるじゃーありませんか。

これをですね、64版時オカ150万本、SFC版神トラ116万本のそれぞれ出荷台数で比率をとると

時オカ 1.29:神トラ 1

の比率になるわけです。いや、両方ともGCやらGBAやらで移植・リメイクされてますし神トラなんかはエミュレーターでもだいぶ出回ってそうな感じありますから発売当時の出荷台数で統計を取るのは無謀。ですが、とりあえず時オカプレイヤー100人のうち22人は神トラを遊んだ事がないという仮説が立ちます。
つまり、先ほどの人気度の比率とを組み合わせると、時オカプレイヤー100人のうち7人が神トラを買うかもしれないという仮説が立ちます。

こんな感じで、全タイトル取り扱いのゼルダ個人サイトだからこそアクセス解析でゼルダーさんの素直な気持ちを浮き彫りにすることができます。仮説は強引にしても、アクセス解析のデータは本物。任天堂さんどうっすか?うちのサイトで、2万円~でゼルダ市場調査やりますけども(笑)

そして気づいた方は頭が良いですが、全てのゼルダーは時オカ経験者というムチャな大前提で話を進めました。なのでこの統計結果はほんの参考にしかなりません。ですが、手元にある資料だけで短時間で強引に仮説を導くという手法はちゃんとした方法の一つであり、マーケティングの分析法のひとつで、企業が行う正確な市場調査の前の予備段階的な感じでとられるものなのですが、えーっと、マーケティング用語でなんて言ったっけな。解った人は挙手!

■ リニューアル

トップページをリニューアル致しました!

(以下、昨晩に眠気をこらえて頑張って書いた記事を、すっきり寝起き後に一部修正)


今回はトップ絵を差し替えとなる大幅なリニューアルでございます。以前の風タクリンクVSタートナックの戦闘の図は、当時「ゼルダで一番面白いやり込み」と評判だった風のタクトB・L・C・Rボタン封印クリアのその中でも一番の山場の「ハイラル城、黒タートナック2体との戦闘」をユウさんに再現して頂いたモノでございます。
そして新トップ絵となるあの作品は、世代交代とも言えましょう、新ゼルダでお披露目となった「馬に乗ったまま剣で敵と戦えるシステム」を表現したものでございます。
トップ絵制作者様であるお気楽工房のユウさまと綿密な打ち合わせのうえ完成した騎乗リンクとモリブリンの一戦。風のタクト→新ゼルダへの世代交代、といいましょうか、これから新ゼルダで盛り上がっていく時期ですから、このタイミングでこの作品をWEBデザインに組み込めたことを幸運に思い、ユウさんには感謝感謝です。ありがとうございました。


しかしWEBデザインの点で言うと、制作者なりのこだわりってモノがありまして修正したい点もまだまだ多く。そういえばファイルサイズも調節してない、私通の場所はあそこで良いのか、色使い、アイコン等・・・本当は昨日直すはずだったのですが、いろいろと用事がありまして気付いたら日付変更。いわゆる今のトップは「11代目トップ Version 1.00」といったところでしょうか。まぁ、おいおい直していければと思います。

ちなみにユウさんとトップ絵の案件を話し合う際、WEBデザイン的なことを考えていろいろと注文させて頂きまして。非常にありがたいことにユウさんも気合が入ってくれたみたいでして、私の注文通りこれでOK?的な感じで、構図に関するのラフ画をいくつか頂いたのですよ。
その中でも、背景に関するラフ画で特にピックアップしたいものがありましたので、ユウさんの許可を得てアップロードです。皆さんコレ見て。

ラフ画

ウァルバジアがダイゴロンを食べるシーンという非常にシュールな場面が記録されております。
こういうの大好きですw


※ちなみにユウさんは日常的にトップ絵等の制作依頼を受け付けているわけではなく、私はユウさんのご好意に甘えさせて頂いた形ですので、くれぐれも「ぼくのホムペにも描いてください!」なんて感じで乗り込まないでください。

■ 祝・4周年

ゼルダの伝説極限攻略は本日4月4日をもちまして、4周年を迎えることになりました!これも応援し、支えてくれた皆様のおかげでございます。もうすでにメッセージをくれた皆様、ありがとうございました。これからメッセージを寄せていただける方々、ありがとうございます。

そんな感謝の気持ちを添えて・・・というと小恥ずかしいですが、本日より、なんと2つのやり込み日記が公開となります。もう4度目となる時のオカリナは、一通り全ての条件を揃えてクリアを試みるスタンス。ただしどんなに制限があってもハート3つじゃもう余裕、ということで、ノーダメの制限を設けています。ノーダメージクリアという制限は思っている以上にハードでして、過去に4つの剣+でノーダメやり込みは挫折となってしまいました。果たして時のオカリナはどうか。
そして、満を持して極限攻略に初登場の神々のトライフォース。剣を封印するやり込みになりますが、なにぶん初プレイですので、サクサクっと進むかは不安なところ。2Dゼルダ最高峰、あるいはゼルダ史上最高峰とも呼ばれる神々のトライフォースに、運営4年目にさしかかった極限攻略が挑みます。

この2つのやり込み両方とも、年末を予定した新作ゼルダ発売までにはクリアしたいと考えております。至らない点もありますでしょうが、ご支援、応援、募金のほどよろしくお願い致します。


ちなみに俺のDVDプレイヤーがいかがわしいDVDの再生途中でフリーズしてTV画面いっぱいに幸せのお花畑(それはもう、幸せ)が映ったままウンともスンとも言いません。ということで、この1年もよろしくお願い致します。

■ レボ&ゼルダ同時発売!?

4月3日付の記事はもう書いたんだけど、速報!
レボリューションと新作ゼルダが、ロンドンだかアメリカだかで同時発売になるそうです!(記事

・・・この英語の記事みてブログ執筆を決行→NINTENDO iNSIDE様にも同じ記事があったらトラバしてやろうと企む→なかった(午後4時現在)。
ざーっと流し読みしたんですけど、他は大した言及はなかったので、詳しい内容はNINTENDO iNSIDE様に和訳の記事がアップロードされるか、あるいは他のサイトさんなどで和訳されるのを心待ちにしてみましょう。みやっちさんのインタビュー記事なのですが、ゼルダサイトに関わることはほとんど触れていなかったように思えます。

て大事なのは、日本ではどうなるのか?という点。あまりにも流し読みしすぎて世界のどこで同時発売されるんだろう?という点などよく理解していないのですが、ともかく任天堂がやりたいことは解りました。

ゼルダの力で、レボリューションの販売台数を牽引したいのでしょう。

国内はともかく、もうこれだけでアメリカでの成功はほぼ約束されました。任天堂おめでとー!ただし留意点としては本当はゲームキューブのタイトル、ということであり、若干混乱が起きるかもですよね。
また、気になるのが、レボリューションのコントローラーとGCのコントローラーでどう操作性が変わってくるのか、という点。レボリューションで遊んだ方が楽に敵を倒せる!とか、そういう差が出てくると、やり込み人としては納得がいかないのですよ。全ての環境で難易度を平等にして欲しい、と、切に願っております。


あ、この記事はまた予告・事後報告なしにどんどん俺の書きたいことが書き足されていくかもです。

■ 大地の章やりこみ

ふしぎの木の実大地の章ハート3つクリアをクリア致しました。

もうここまで更新サボりまくり、止まりまくりの、それでも見る人がいるって言うやり込み日記も珍しいと思うのですが、そのやりこみ日記もようやく完結いたしました。ボス・ゴルゴンに関しては3Dゼルダで、もう一度会いたいとさえ思いましたよ。それくらい手応えのあった、強い強いラスボスでございました。

たぶん2Dの敵で俺にここまで思わせたのはゴルゴンが初めてでしょう。なんか、もう、リセット重ねすぎて夜通し見続けたせいで友達みたいな感覚(危険)


さて、明日は何の日でしょう。そうです。このブログを日々チェックして頂いている方々はお察しの通り、当サイトの誕生日・4周年でございます。あ、「4周年おめでとう」のコメントはまだフライングですからね!w
毎年、極限攻略の誕生日にはいつもしない更新を・・・と心掛けていまして、実際に去年だか一昨年も新しいやり込み日記が開始されましたもんね。

明日も、とあるやり込み日記がスタートします!

実際に何のやり込み日記が始まるのかは、明日になってからのお楽しみでございます。実は、明日スムーズに新しいやり込み日記へ移行するために思い出したように大地の章を起動→そのために、それはもう気合でゴルゴン制覇、という逸話もあるのですが。


・・・・・・・


ところで、4月4日という誕生日はあの日本最大のペテン師・細木数子大先生と一緒らしいです。


どうせ誕生日が一緒になるなら北村ひとみと一緒が良かったなー。

■ 改めてE3 2005を振り返る

新作ゼルダの話題も一巡りして、タイトル以外のいろいろな情報はある程度わかってきました。ゲームキューブで2006年末に発売され、レボリューションでも遊べる機能がつき・・・。

肝心のタイトルは任天堂の公表を待つ他、ありません。

E3 2006もあと1ヶ月。

ここで改めて、E3 2005で公開された任天堂公式の動画を見てみませんか?出来ることなら、動画をみるときは、音量をあげて。見やすい大きさにスクリーンも整えて。もう何度も見たはずのムービーに、改めて感動させられます。

http://www.nintendo.co.jp/n10/e3_2005/gc_soft/
(↑一番下)

音楽と映像のマッチング・・・ムービー製作を担当したクリエイターさんのニクい演出とゼルダ愛を感じました。


そういえば今日はエイプリルフール。壮大な嘘をつこうと考えていたのですが結局ボツ案ばっかなのと面倒なのとで、止めておきました。平和が一番です。

HOME

SEARCH

CALENDAR

« | 2006-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MONTHLY

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。