かみいぬ日記

「ゼルダの伝説極限攻略」管理人かみいぬの日記。

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 64のスマブラをやってみました

「64のスマブラをやってみました」という記事を書いたのになぜか消え、ショックなので、言いたかったことを3行でまとめます。以下の3行を、800字程度に膨らませて読んでください。

・久しぶりにやってみて一番の戸惑いは「緊急回避」「空中緊急回避」
・ステージとキャラの少なさが面白い
・Wiiで64スマブラをバーチャルコンソールで配信しては


スポンサーサイト

COMMENT

記事消えるのは辛いですね。私も2度ほどあります。しかも長文の時に限って…。

64版は友人が好きなので今でもときどきやりますが、クセが全然違って感覚をあわせるのが大変です。
ガードの硬直が長かったり、吹っ飛びやすかったり。空中の攻防も非常にアツイ。

VCスマブラはWi-Fi対応にした豪華版を少し期待してます。
そういえばムジュラは全然出ませんね。ノイズ処理…ですかね。

Xの名作トライアルに入ってたら面白そうでしたね

そのころはそれぞれのキャラの強さの調節が未熟ですよね。
スマデラでは強いと言われるキャラが5つぐらいでしたが、64はカービィだけ異常に強かったの覚えてます。その強さは雑誌にカービィが最強と載っているぐらいのつよさでした。

かみいぬさん、それは大変でしたね・・・
私も、ブログではないのですが、そういう経験があります。

64のスマブラは、かなりハマりました。

カービィー強かったなぁ・・・・・

かみいぬさん。ぜひその長文読みたかったです。残念。

64スマブラは、たしかにハマリましたね。
当時そのようなソフトはありませんでしたから。
斬新なシステムが私たちをひきつけたのでしょう。
懐かしいなぁ、もう十数年まえか・・・
今見れば、ポリゴンの角数などがとても少ないですね。
足なんかもうほぼ三角形ですよ。
でも、グラフィックなんか関係ないんですよね。
結局プレイするのはユーザー。
見た目も大事ですが、中身がしっかりしていれば、
自然にユーザーがついてくる。
例えば、Wiiは、ほかの次世代機に比べ、スペックは低いですが、
その代わり、中身、つまり価格や革新性、独創性で
勝負するというわけです。
私は、任天堂のそういうところが好きです。
いつも周りとは何か違う。
そんな任天堂には、いつまでも頑張ってほしいですね。
私は任天堂で働くという夢を持っています。
それは、上記のような理由があるからです。
周りと違う。これがどれだけ勇気のいることか。
それを、任天堂製品を通して知ってもらいたいですね。

なんか、それちゃいましたね。
長文、失礼いたしました。

あ~私もよくあります。
悲しいですよね~・・・

64ではリンク使ってましたね~
友達のカービーにぼっこぼこにされてたけど・・・
今度64だしてみようかな・・・。

≫にゃもさん      自分は、逆にカービーをぼっこぼこのぼっこぼこにしてた気がします。

初の書き込みになります。
せっかく書いた記事が消えるのはショックですよね、、、
 僕は64でよくカービィを使ってた気がします。
64のも今のと比べるとグラフィックが悪かったりしますが決して悪い所はありませんね。むしろXよりよかったかも、、、

64のスマブラ難しいですよね。
いまいち動きがぎこちなくて、
でもそこが面白いんですけど・・・・・
でも家の64調子悪くて、昨日ひさびさに起動したらほこりが詰まってたのかバチンとかいってセーブデータ消えちゃったんですよね(泣

どうも、こんばんは。


記事消えるともう2回目書く気がなくなりますよね!!
800字が3行にまとまっちゃうのもちょっと悲しいですが・・


64のは自分は今でもたまにやりますよ!!
確かに他のと比べると操作しにくい気もします。

ステージやキャラも今思うとかなり少ないですよね。

私の中でプリンはいつでも残念な感じのキャラでしたよ・・



ドンキーが強かった!

僕はブルーカービィでレベル9三対ノーダメで殺しましたー

◇コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kamiinu.blog39.fc2.com/tb.php/220-16e5263c

HOME

SEARCH

CALENDAR

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

MONTHLY

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。